市川市妙典・行徳エリア 妙典駅から徒歩7分。骨盤矯正・美容鍼・肩こり腰痛・交通事故の治療リハビリならしおやき鍼灸整骨院

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜日午後は、受付時間 15:00〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

047-399-1777

東京メトロ
東西線妙典駅
徒歩7分

しおやき鍼灸整骨院 > 部位・症状別 > > シンスプリント

シンスプリント

更新日:2020年04月28日

このようなお悩みはございませんか?|市川市妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院

  • すねの内側が痛い
  • ジャンプをすると痛む
  • 走ると痛くなる
  • 安静にすると良くなるが、運動をすると痛みがでる
  • 痛みなく競技をしたい
  • 痛みがある為パフォーマンスが上がらない

シンスプリントとは?

シンスプリントとは、脛骨(すねの骨)の表面にある骨膜の炎症です。

主に、すねの内側の下の部分に痛みがでます。

バスケやバレーなどのジャンプを多くする競技、陸上やサッカーなどの長距離を走る競技に多くみられます。

年齢は中・高生の運動量の多い学生に多くみられます。

症状が軽いうちは運動始めに多少痛みが出る程度ですが、進行すると、走っている時やジャンプの着地時などで常に痛みを感じます。

さらに悪化すると、歩いているだけで痛みがでたり、何もしてなくても痛みが出たりします。

シンスプリントになる原因

一番の原因はオーバーユース(使いすぎ)によって起こります。

ランニングやジャンプを繰り返し行うことで、骨膜に負担がかかり、炎症が起こるためです。

しかし同じ運動やトレーニングをしている人でも、シンスプリントになる人とならない人がいるのはなぜでしょうか?

それは、身体の柔軟性や関節の動き、O脚など骨格の問題が根本的な原因になっている可能性があるからです。

また以下のような原因が考えられます。

●シンスプリントの原因●

偏平足

ランニングフォーム

足のつき方

筋肉の柔軟性低下・筋力低下

靴が合っていない

シンスプリントは安静にしていたら痛みがなくなることもありますが、運動を再開するとまたすぐに痛くなることが多くあります。

なぜなら根本的な原因を改善できていないからです。

しおやき鍼灸整骨院でのシンスプリントの治療方法とは?

市川市の妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院ではシンスプリントに対して
原因の特定
炎症を抑える施術
再発予防に対しての施術
の3点を重視して行います。

原因の特定

症状の説明シンスプリントは痛みが発生している根本的な原因を取り除かなければ、痛みの改善がなかなかできません。

当院では、カウンセリングと検査により重心の位置や筋肉の状態など原因の特定をしていき、痛みに対してピンポイントな施術を行うことができます。

炎症を抑える施術

シンスプリントは骨膜の炎症がおさまらない限りは痛みが出続けてしまいます。ハイボルテージ

当院では炎症を抑えるために、「超音波治療」「特殊電療」などの電療機器を使って、炎症の早期回復を促します。

再発予防の施術

施術中シンスプリントは再発しやすい症状です。

安静にしたり、筋肉をほぐすだけでは再発してしまいます。
そのため、筋力アップや関節の動きなどの改善をが必要になります。

当院では、全身のバランスや関節の動きを確認し再発しないように施術を行います。

シンスプリントを放っておくとどうなってしまうのか?

シンスプリントになってしまう方は、スポーツでの運動強度が高い人に起こる症状です。

痛みをおしてスポーツを続けても、運動時のパフォーマンスが低下するため自分の思い通りの動きができなくなります。

また、処置をせずに放っておくと、痛みが強くなるばかりか、常に痛みが出るようになることもあり、最悪の場合は疲労骨折を起こしてしまうこともあります。

安静にしていれば痛みは落ち着くかもしれませんが、以前と同じ強度で運動をすると再発しやすい症状になります。

部活や運動でのパフォーマンスを高めるためにも根本的な原因をみつけて治療をすることが大切です。

すねの痛みが気になる方、痛みが落ち着いても再発してしまう方はしおやき鍼灸整骨院までご相談ください。

しおやき鍼灸整骨院047-399-1777

▲ TOP