市川市妙典・行徳エリア 妙典駅から徒歩7分。骨盤矯正・美容鍼・肩こり腰痛・交通事故の治療リハビリならしおやき鍼灸整骨院

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜日午後は、受付時間 15:00〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

047-399-1777

東京メトロ
東西線妙典駅
徒歩7分

しおやき鍼灸整骨院 > 部位・症状別 > > ぎっくり腰

ぎっくり腰

更新日:2020年06月02日

このようなお悩みはございませんか?|市川市 妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院

ぎっくり腰

  • 突然腰が痛くなった
  • 重い荷物を持ち上げた時に腰が痛くなり動けなくなった
  • 椅子から立ち上がった時に腰が痛くなりその後痛みが続いている
  • 不定期的に腰に痛みが走り、動けなくなることがある
  • 腰が痛くて寝返りがうてない
  • 腰が痛くて靴下を履くのがつらい
  • ぎっくり腰が癖になっている

ぎっくり腰が発生してしまう理由とは?|市川市 妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院

ぎっくり腰とは?

「ぎっくり腰」はとても一般的に馴染みのある言葉で、西洋では「魔女の一撃」と呼ばれています。
その名の通り、何かをした拍子に腰に激痛を感じて、最悪の場合は立つことも動くことも困難になってしまうことが一般的に「ぎっくり腰」といわれています。
しかしぎっくり腰は正式には「急性腰痛」といい、その中でも症状や痛い場所によって種類や対処法が若干異なります。
ここでは3つの分類を挙げていきます。

腰椎椎間関節捻挫

この「腰椎椎間関節捻挫」がぎっくり腰の中でも一番多いものになります。
腰椎背骨の腰の部分に当たる腰椎は5つあるのですが、そのひとつひとつは関節になっています。
関節には必ず靭帯と呼ばれる骨と骨をつなぐ結合組織がついているのですが、強い衝撃などにより靭帯の部分損傷をして炎症を起こしてしまうのが、この「腰椎椎間関節捻挫」です。
原因としては「重いものを持ち上げた瞬間」や「身体をおもいっきり捻った時」など、腰椎に強い負担がかかった時に発生してしまうことが多いです。

仙腸関節捻挫

仙骨「仙腸関節捻挫」は原因の自覚が少ないぎっくり腰で、「なにもしていないのに急に腰が痛くなってしまった…」という訴えのある方はこの仙腸関節捻挫の可能性があります。
仙腸関節というのは背骨と骨盤をつなぐ「仙骨」と骨盤の一部である「腸骨」とが関節している部分に当たります。
この関節は周りに靭帯がしっかりとついているため、ほとんど動きのない関節になります。
しかし「長時間同じ姿勢でいたところからの動き出し」や「中腰作業をしてからの急な起き上がり」などが原因で仙腸関節に負担がかかり、炎症を起こしてしまうのが「仙腸関節捻挫」です。

筋膜性急性腰痛

脊柱起立筋「筋膜性急性腰痛」は筋肉が損傷して炎症を起こしてしまう、一般的に「肉離れ」に近い症状を起こすぎっくり腰になります。
筋肉というのは無数の筋繊維といわれる繊維が集合したものになるのですが、強い負荷がかかると、この繊維が切れてしまい炎症を起こしてしまいます。これが「筋挫傷」や「筋損傷」といわれ、よく聞く「肉離れ」の状態になります。
「腰椎椎間関節捻挫」に似ている原因ですが、「重いものを持ち上げた時」や「脊柱起立筋の筋トレをしている時」など関節より先に筋肉に負担がかかった時に「筋膜性急性腰痛」が発生します。

ぎっくり腰になってしまう原因は?

「ぎっくり腰」になってしまう原因は上記の通り、
「重たい物を持ち上げた」
「デスクワークで長時間座ったところから立ち上がった」
「筋肉に想定以上の負担がかかってしまった」
など様々なものが挙げられますが、しおやき鍼灸整骨院では、その痛みが出る前の段階で必ず身体に原因があると考えます。

それは「骨盤・骨格の歪み」「柔軟性の低下」です。

「骨盤・骨格の歪み」があると関節にかかる負担が増えてしまうので、少しの動きでも関節の捻挫を起こしてしまう可能性があります。
身体の「柔軟性が低下」してしまうと前かがみや腰を反る動きなど、腰に関わる動きの制限がかかってしまうため、無理な姿勢で物を持ち上げたり少し腰を捻っただけでぎっくり腰になってしまう可能性があります。
「ぎっくり腰は1回すると癖になってしまう」とよく言われますが、痛みがおさまってもその根本的な身体の原因を取り除いていないことが再発の要因となっているのです。

市川市 妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院でのぎっくり腰の治療方法とは?

市川市 妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院のぎっくり腰に対しての治療は、「痛みを取り除く施術」「根本的な原因を取り除く施術」2つのステップに分けて行っています。

ぎっくり腰の痛みを取り除く施術

ハイボルテージぎっくり腰は関節または筋肉に炎症が起こっているため、腰への施術は「ハイボルテージ(特殊電療)」と「アイシング」で炎症を最短で引かせる治療を行います。
さらに動く際の痛みを軽減するために「鍼治療」を股関節や足にすることで、下半身の動きがよくなり、腰にかかる負担を最小限に抑えることができます。
この「腰に対するアプローチ」と「股関節・下半身に対するアプローチ」をすることによりぎっくり腰の早期回復を図ります。

ぎっくり腰根本的な原因を取り除く施術

ぎっくり腰の症状が落ち着いたら、根本的な原因に対しての施術を行っていきます。
日常生活のカウンセリングと関節の動きの検査を重点的にして根本的な原因を探し出し、
骨盤・骨格矯正×筋膜調整」や「姿勢矯正」というしおやき鍼灸整骨院独自の治療を行うことで、骨盤・骨格の歪みを整え、柔軟性を高め、さらに癖になると言われているぎっくり腰の再発予防をしていきます。

そのままぎっくり腰を放っておくとどうなってしまうのか?|市川市 妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院

「ぎっくり腰は寝てれば治る」とよく言われますが、寝ているだけでも腰には負担がかかりますし、早期回復を望むことは難しくなってしまいます。
さらに回復が遅くなってしまうと筋力低下が起こってしまうので、動けるようになっても思う通りに身体が動かず、またぎっくり腰になってしまう…というサイクルを繰り返し、悪化していく可能性もあります。

しおやき鍼灸整骨院ではぎっくり腰の早期回復を重点的に行っており、さらにぎっくり腰を慢性化させないために根本的な原因の追究と再発予防を目標に治療を行っています。
ぎっくり腰になってしまった方や、ぎっくり腰を疑っている方、ぎっくり腰が癖になっている方は市川市 妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院に一度ご相談ください。

しおやき鍼灸整骨院047-399-1777

▲ TOP