市川市妙典・行徳エリア 妙典駅から徒歩7分。骨盤矯正・美容鍼・肩こり腰痛・交通事故の治療リハビリならしおやき鍼灸整骨院

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜日午後は、受付時間 15:00〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

047-399-1777

東京メトロ
東西線妙典駅
徒歩7分

しおやき鍼灸整骨院 > 部位・症状別 > 手首 > ばね指(弾発指)

ばね指(弾発指)

更新日:2020年06月02日

このようなお悩みはございませんか?|市川市妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院

  • 病院で「ばね指と」言われたが改善しない
  • 指の曲げ伸ばしがうまくできない
  • 指を曲げるときにひっかかりを感じる
  • 指がひっかかってうまく伸ばせない
  • 指を使う仕事を多くしている

ばね指が発生してしまう理由とは?

ばね指とは?

「ばね指」とは手の腱鞘炎の一種で、指が曲がったまま動かなくなる状態を言います。

指は筋肉の両端についている「腱」が動くことで曲げ伸ばしが可能になります。

腱の通り道で、腱を安定させ円滑に動かすために「腱鞘」という腱を通すトンネルがあります。

その腱や腱鞘に炎症が起こり、腱の動きが悪くなってしまうため、指に痛みや引っ掛かりが生じます。

この指の曲げ伸ばしで引っ掛かることは「ばね現象」と呼ばれており、ばね指の症状の特徴でもあります。

ばね指は悪化すると、指が曲がったまま動かなくなったり、指を少し動かすだけでも強い痛みを感じることもあります。

ばね指が発生する原因

ばね指は男性よりも女性の方が多くみられます。
女性の中でも、更年期の方や妊娠出産期の方に多く生じます。

また、糖尿病、リウマチ、透析をしている方にもよく発生します。

原因としては、手指を使っての細かい作業などを、反復して繰り返すことによる使いすぎが挙げられます。

指の腱は指を動かすたびに腱鞘との間に摩擦が生じます。

その動きが繰り返されることで炎症が起こり、腱や腱鞘が肥厚することで指の動きが悪くなり、引っ掛かりが発生してしまいます。

しおやき鍼灸整骨院でのばね指の治療方法とは?

妙典・行徳エリアのしおやき鍼灸整骨院ではばね指に対して
炎症を抑える施術
腕の筋肉に対しての施術
安静固定
の3点を重視して行います。

炎症を抑える施術

ばね指は腱や腱鞘の炎症がおさまらない限りは痛みやばね現象が出続けてしまいます。

当院では炎症を抑えるために、「超音波治療」「特殊電療」などの電療機器を使って、炎症の早期回復を促します。

腕の筋肉に対しての施術

指を動かす筋肉はひじや前腕(ひじから手首にかけて)から指にかけて付いています。
そのため指周辺に対しての施術だけでは改善は難しいと考えられます。
当院では原因となっているひじから前腕の筋肉に対し、マッサージやストレッチなどの施術をし、患部の状態に合わせて「鍼灸施術」を行い、筋肉へのアプローチをします。

安静固定

ばね指は原則として安静が必要になります。
指を使うことで炎症がひかなくなるので、指を動かせないように固定をすることが回復への近道になります。
しかし、ガッチリと固定をしてしまうと日常生活に支障が出てしまうので、生活に合わせた固定法を提案させていただきます。

ばね指を放っておくとどうなってしまうのか?

ばね指は放っておいても症状が悪化していくことがほとんどです。
悪化してしまうと保存的な治療が困難になり、手術をしなければならない場合がほとんどです。
悪化しないうちに適切な処置をすることで早期回復に繋がります。
痛みをあまり感じなくても、引っ掛かりがある場合は後々痛みが発生することも十分に考えられます。
そのため早めの治療をおすすめします。
ばね指でお悩みの方は一度、しおやき鍼灸整骨院までご相談ください。

しおやき鍼灸整骨院047-399-1777

▲ TOP