市川市妙典・行徳エリア 妙典駅から徒歩7分。骨盤矯正・美容鍼・肩こり腰痛・交通事故の治療リハビリならしおやき鍼灸整骨院

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜日午後は、受付時間 15:00〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

047-399-1777

東京メトロ
東西線妙典駅
徒歩7分

しおやき鍼灸整骨院 > 施術メニュー > マタニティー整体

マタニティー整体

更新日:2021年10月18日

妊娠中、このようなお悩みはありませんか?

  • お腹が大きくなってから腰痛がつらい
  • 妊娠してから肩こりがひどくなった
  • 足のむくみで足が重だるい
  • 妊娠してから坐骨神経痛で動くのがつらい
  • 疲れやすくなって身体がだるい

当院では妊婦さんの施術が可能です

妊娠中は体型や体質の変化が大きくあるため、今までに感じたことのないお身体の悩みが出てくるものです。

しかし妊婦さんはマッサージや整体に行ってはいけない…そんなイメージがありませんか?

しおやき鍼灸整骨院では妊婦さんのために考案したマタニティー整体の施術を提供させていただいております。

母体にもお腹の赤ちゃんにも負担が少なく楽な体勢で施術をおこなうので、ご安心して施術を受けていただけるかと思います。

妊娠中は飲めるお薬も限られてしまうため、病院に行っても「日にち薬」と言われ痛みを我慢して生活をしてしまうことがほとんどです。

ご出産までのマタニティーライフを快適に過ごすためにも、お悩みがある時はご相談ください。

妊娠中に施術を受ける際の注意点

基本的に施術が可能な時期は

安定期に入る妊娠5ヶ月(16週)~9か月(36週)まで

安全面を考慮した上で上記の期間内に限り施術対応をさせていただきます。

また妊娠中のお母さんとお腹の中の赤ちゃんの安心安全のために、通院中の産婦人科のドクターや助産師さんにご確認をいただければ幸いです。

以下の方は大変申し訳ありませんがご案内ができませんのでご了承ください。

▶上記の施術期間対象外の方(妊娠16週未満、臨月の方)
▶お医者様より特別な診断を受けている方
▶切迫早産、切迫流産の診断を受けた方
▶体調に不安のある方

該当項目がある場合やスタッフが施術できないと判断をした場合は、施術のお断りをさせていただくことがございます。

妊娠中の身体のトラブル

妊娠中の腰痛や肩こり

妊娠中につらかったことをママさん達に聞いてみると大半の方は「腰痛」や「肩こり」のお話をされます。
特に腰痛に関してお悩みの方は大変多く、妊娠後期には腰が痛くてほとんど動けなかったという方もいらっしゃいます。

それではなぜ妊娠中に腰痛や肩こりがでてしまうのでしょうか?

妊娠による姿勢の変化

妊娠中期からはお腹の赤ちゃんが急激に成長をするためお腹が大きくなってきます。
お腹が大きくなると姿勢に変化があり、いわゆる「反り腰」になります。

反り腰は腰の筋肉が常に収縮している状態になっているため、腰痛の原因となります。

また、反り腰になると背中が丸まってしまうので、肩こりも感じやすくなるのです。

お腹が大きくなると骨盤が開く

お腹が大きくなると身体は出産に向けて準備を始めるため、骨盤を締めて支えている靭帯を緩めるホルモンを分泌します。
そうすることでお腹の中に赤ちゃんに快適なお部屋を作ることになるのですが、骨盤が開くとガニ股になり、股関節の動きが悪くなります。

股関節の動きが悪くなると、腰やお尻、太ももにかかる負担が大きくなるため、腰痛や坐骨神経痛の原因となるのです。

急激な体重増加

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるので、当然体重は増えてきます。

ほんの数ヶ月で急激に体重が増えるため、身体はその体重を支える筋力がないことがほとんどです。
そうなると妊娠前よりも身体にかかる負担が大きくなるため、腰痛や足の重だるさの原因になってしまいます。

妊娠中は体がむくみやすくなります

妊娠を維持するためのホルモンバランスの変化

妊娠中にむくみが起こる原因はホルモンバランスの変化があるためです。

妊娠を維持するために分泌される女性ホルモン(プロゲステロン)には、皮下組織に水分をためる働きがあります。
そのため体がむくみやすくなるのです。

大きくなる子宮による静脈の圧迫

妊娠中期から後期にかけて、子宮が大きくなってきます。

大きくなった子宮は、太ももの付け根にある静脈を圧迫してしまうため、下半身から心臓に向かう血液の流れが滞って足のむくみの原因になります。

ふくらはぎの筋ポンプ作用の低下

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われるほど血流に影響があり、ふくらはぎの筋肉が動くことで下半身の血液が心臓に押し戻されていきます。

妊娠中期からはお腹が急激に大きくなっていくため、歩くときに足が上がらず、すり足で歩くようになります。
そのため、ふくらはぎの筋肉の活動量が低下して血液の循環が悪くなり足がむくんでしまいます。

マタニティー整体のメリット

1.痛みやむくみの緩和

妊娠中に身体の痛みやむくみに悩まされていることが多くあるかと思います。

マタニティー整体では下半身の血流改善を中心に、痛みや張りのある筋肉のマッサージやストレッチ、場合によっては背骨の歪みの調整をおこないます。

身体のお悩みが緩和されるとストレスの軽減にもなりますので、余計なことを考える事のない快適なマタニティーライフを過ごせるかと思います。

2.出産時の負担の軽減

マタニティー整体では骨盤や股関節周辺の筋肉を使いやすくするための施術をします。
そのため股関節周りの柔軟性が向上します。

股関節が柔らかくなるとお産の際に、分娩する姿勢が楽にとれるようになるため、リラックスがしやすくなります。

また分娩姿勢が楽にとれると、いきみやすくなるためスムーズな出産を期待することもできます。

3.逆子予防の期待ができる

逆子は絶対ではありませんが、下半身の冷えが原因になっている場合があります。

お腹の赤ちゃんは通常、頭をお母さんの足側に向けていますが、下半身が冷えていると頭を守るため温かい方(母体の心臓側)に頭を向けるため逆子になると言われています。

実際に逆子で来院される方の半数以上の妊婦さんは足の冷えを感じている方で、足を温める「逆子のお灸」をすることで逆子が治っている妊婦さんも多くいらっしゃいます。

そのため下半身の冷えと逆子には切っても切れない関係があるため、下半身の血流を改善するマタニティー整体は逆子にも有効であると考えられます。

マタニティー整体の施術の流れ

①カウンセリング

カウンセリングお身体の悩みをしっかりと確認し、今のお身体の状態と施術内容についてご説明します。しおやき鍼灸整骨院では、患者様ひとりひとりにしっかりと症状をお伝えして納得をして頂いてから施術に入らせていただきます。

②マッサージ

お悩みの症状に合わせて、原因となっている筋肉の緊張をマッサージで取り除きます。
妊娠中はうつ伏せで施術はせず、横向き(シムス位)や仰向け、座っての施術を体調に合わせて行いますので、お身体に負担がかからず安心して施術を受けていただけます。

③ストレッチ

ストレッチお腹が大きくなることによって動きが悪くなっている股関節周辺を中心に、ストレッチをして柔軟性を向上させます。
お腹の圧迫に細心の注意をはらい、痛みの確認をしながらストレッチをしますのでご安心ください。

④アフターケア

検査ご自宅でできる簡単な運動やストレッチの指導をさせていただきます。
お時間がとれずなかなか通院できない方や、これから里帰り出産をされる方もご自宅でセルフケアをしていただけると痛みの緩和に繋がります。

初診もLINEで予約! しおやき鍼灸整骨院047-399-1777

▲ TOP